日時
2010年9月9日(木)~11日(土) (3日間)

会場
神奈川工科大学(神奈川県厚木市)

主催
NPO法人日本TRIZ協会

テーマ
新分野適用と普及拡大を目指して  New Fields and New Users!

目的
・創造的な技術革新の技法「TRIZ」とその関連分野での発表・討論・交流の場を提供する。
・TRIZに関して、その技術レベルの向上と普及・推進・適用のしかたの向上に資する。
・日本と世界のTRIZ関係者の交流を図り、TRIZの理解と普及を促進する。

ねらい
・発表および参加を広く (国内・海外から) 公募し、公開の会とする。
・TRIZのより深く広い理解を作るとともに、企業や大学などにおける実践を推進する。
・基本的には国内向け(全国的)であるが、部分的に (できるだけ多く) 国際的なものにする。

主な内容
第6回日本TRIZシンポジウム開会挨拶(PDF版)
  日本TRIZ協会理事長  林 利弘 

◆基調講演 (1) Nikolai Khomenko氏 (カナダ) 「OTSM(強力な思考の一般理論)」
  全文資料:日本語(PDF版)         全文資料:英語(PDF版)

◆基調講演 (2)Mahmoud Karimi氏  (イラン)  「イランにおけるTRIZの普及活動」 
  全文資料:日本語(PDF版)         全文資料:英語(PDF版)

プログラム一覧   簡略版(PDF版)      詳細版(PDF版)

アブストラクト   国内発表者アブストラクト::日本語(PDF版)  海外発表者アブストラクト:英語(PDF版)

「テーマ講演」と「あなたにとって最も良かった発表」
講演・発表スライド資料

※その他、一般発表のスライド資料は会員専用ページにて公開しています。

参加者の分析(PDF版)

第6回日本TRIZシンポジウム報告(PDF)
第6回日本TRIZシンポジウム実行委員長 三原 祐治

パーソナル・レポート 第6回日本TRIZシンポジウムの紹介
大阪学院大学中川先生のページ内に掲載

本サイトはWindows® Internet Explorer®を標準ブラウザとして開発しています。 

環境では表示が乱れる等の問題が発生する恐れがありますがご了承ください。

  Copyright © 2011-2017 Japan TRIZ Society. All Rights Reserved.

第6回 TRIZシンポジウム 2010