日時
2012年9月6日(木)~8日(土) (3日間)

会場
早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館(東京都新宿区大久保3-4-1)

主催
NPO法人日本TRIZ協会

後援
日本創造学会

協賛
日本設計工学会、日刊工業新聞社

テーマ
TRIZ思考で、プロセスを変える、夢をかなえる! Realize Your Dream with TRIZ Thinking!

目的
・創造的な技術革新の技法「TRIZ」とその関連分野での発表・討論・交流の場を提供する。
・TRIZに関して、その技術レベルの向上と普及・推進・適用のしかたの向上に資する。
・日本と世界のTRIZ関係者の交流を図り、TRIZの理解と普及を促進する。

ねらい
・発表および参加を広く (国内・海外から) 公募し、公開の会とする。
・TRIZのより深く広い理解を作るとともに、企業や大学などにおける実践を推進する。
・特に中小企業を含めた企業ユーザーの底辺を広げ、また学校教育などへの導入を図る。
・基本的には国内向け(全国的)であるが、部分的に (できるだけ多く) 国際的なものにする。

主な内容
◆ 第8回日本TRIZシンポジウム開会挨拶 日本TRIZ協会理事長  林 利弘
  全文資料:日本語(PDF版)         全文資料:英語(PDF版)

◆基調講演 Denis Cavallucci氏 (INSA Strasbourg、フランス)
   「How TRIZ can contribute to a paradigm change in R&D practices」
  全文資料:日本語(PDF版)         全文資料:英語(PDF版)

◆特別講演 弓野 憲一氏  (日本創造学会会長、静岡大学名誉教授)
    「創造性を教育する‐創造技法普及の土台作り」 
  全文資料:日本語(PDF版)        全文資料:英語(PDF版)

◆特別講演 Jeongho Shin氏  (eTRIZ、韓国)
    「How to Learn TRIZ with ease and fun」 
  全文資料:日本語(PDF版)        全文資料:英語(PDF版)

プログラム一覧   簡略版(PDF版)      詳細版(PDF版)

アブストラクト    国内発表者アブストラクト(PDF版)    海外発表者アブストラクト:英語(PDF版)

「テーマ講演」と「あなたにとって最も良かった発表」
講演・発表スライド資料

※その他、一般発表のスライド資料は会員専用ページにて公開します。

参加者の分析(PDF版)

集合写真(JPEG) ※プライバシーを考慮し、ぼかし処理しています。

シンポジウムが紹介された記事のご案内
  替え歌やシンボル化でTRIZの発明原理を覚えやすく
  http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120907/238675/

  TRIZの発明原理を覚えやすく、ソニーの高木氏が考案した40のシンボル
  http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120921/241143/

  日経産業新聞 「TRIZ、中堅企業も導入」~ 2012/9/26付 

  機械設計「巻頭”Flash”コーナー」 ~ 2012年11月号

  日経ものづくり「TRIZ成功事例」 ~ 2012年11月号

本サイトはWindows® Internet Explorer®を標準ブラウザとして開発しています。 

環境では表示が乱れる等の問題が発生する恐れがありますがご了承ください。

  Copyright © 2011-2017 Japan TRIZ Society. All Rights Reserved.

第8回 TRIZシンポジウム 2012