日時
2009年 9月10日(木)~ 12日(土) (3日間)

会場
国立女性教育会館(埼玉県比企郡嵐山町)

主催
NPO法人日本TRIZ協会

目的
・創造的な技術革新の技法「TRIZ」とその関連分野での発表・討論・交流の場を提供する。
・TRIZに関して、その技術レベルの向上と普及・推進・適用のしかたの向上に資する。
・日本と世界のTRIZ関係者の交流を図り、TRIZの理解と普及を促進する。

ねらい
・発表および参加を広く (国内・海外から) 公募し、公開の会とする。
・TRIZのより深く広い理解を作るとともに、企業や大学などにおける実践を推進する。
・基本的には国内向け(全国的)であるが、部分的に (できるだけ多く) 国際的なものにする。

主な内容
シンポジウムに先立ち9月10日(木)10:00~12:00に 以下の2セッションを並行して開催。
◆「チュートリアル」
  福嶋洋次郎 (パナソニック)「問題の認識と解決に効果的なTRIZの実践」
  ・・・TRIZに対して比較的経験の短い方にTRIZとは何かを解説(日本語)
◆「Preliminary session」
  参加者がお互いにそれぞれのTRIZへの関わりやTRIZの使い方を確認 しあう場
  (英語。但し聞くだけと言う方も参加いただいて構いません) 

◆基調講演 (1) 「技術システムの将来予測へのTRIZの利用」 Boris Zlotin (米)
  全文資料:日本語(PDF版)        全文資料:英語(PDF版)

◆基調講演 (2)「TRIZ:必要だが不十分 顧客とすべてを包括する理論」 Darrell Mann (英) 
  全文資料:日本語(PDF版)        全文資料:英語(PDF版)

◆基調講演2件、一般講演26件、ポスター15件程度

プログラム一覧   簡略版(PDF版)     詳細版(PDF版)

「あなたにとって最も良かった発表」投票結果
オーラル賞・ポスター賞の全文資料

※その他、一般発表のスライド資料は会員専用ページにて公開しています。

本サイトはWindows® Internet Explorer®を標準ブラウザとして開発しています。 

環境では表示が乱れる等の問題が発生する恐れがありますがご了承ください。

  Copyright © 2011-2017 Japan TRIZ Society. All Rights Reserved.

第5回 TRIZシンポジウム 2009